スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボルネオ島ジャングル紀行 (5) ヤツには油断できない

ヤツは高性能な温度センサーを持っている。人が目の前を通り過ぎると、その方向を追随する。
ヤツは驚くべきジャンプ能力を持っている。木の葉から体長の数倍の距離を軽く飛んで取り付く。
ヤツの吸着力は侮れない。腕に引っ付くと振っただけでは消して取れない。

ヤツの名前は「タイガーリーチ」。

ジャングルにはつきものの、いやゆる「ヒル」の仲間である。

ボルネオ島のタイガーリーチ

地面や木の上から人の存在に気付くと、知らない間に人の体に取り付いてくる。葉っぱの上のヤツの上で手をかざして手をゆっくり動かしてみると、体温を感じられるのかピッタリとその方向に頭を向けてくる。捕まえてタオルに乗せて観察していたら、急に体を縮めたかと思うと、次の瞬間に大ジャンプをし、どこかに消えてしまった。あのジャンプ力を使い、木の枝などからでも人に取り付くことができるのだろう。見掛けはナメクジのようだが、吸着力はとても強く、肌に付いたりするとちょっとやそっとでは外れない。下手に外すと歯が外れて皮膚に付いたままになるようで、注意が必要だ。上から押さえつけて手のひらを使って団子を丸めるようにクルクルとこねてやると外しやすい。

普段は落ち葉などを食べているようだが、繁殖のために血を吸うようだ。血が凝固しないような成分を使ってくるので、吸血されると結構血まみれになり、びっくりするようだ。幸い、我々はヒル対策を考慮した服装をしていたので、血を吸われることはなかった。なるべく長袖シャツ、長ズボンにし、「リーチソックス(ヒルよけ靴下)」を履いて、防御していた。

ヒル除けソックス

リーチソックスはジャングルでのトレッキングで必需品である。ガイドも含め、誰もが履いていた。これは靴下の上から履く、ひざ下まであるソックス上のものである。これを履いた後に靴を履く。ヒルが足元からズボンの中に入ってくるのを避ける効果がある。

とは言え、ロッジに戻って着替えてシャワーを浴びた後に床にヤツがいるのを発見したことがあった。また、ズボンに付いていたのかいつの間にか手のひらに乗っていたのを発見したこともあった。油断はできない。

結構単純そうな生物なのに、温度センサーやジャンプ力など驚くべき能力を持っているのに驚いた。ジャングルにはいろいろ見たことがないものが暮らしているものだ。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hidebeaver

Author:hidebeaver
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。