スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナムひとり旅 (6) サイゴン川の向こう側

対岸への渡し船乗り場のそばの小さな公園で、ニューランという老舗パン屋で買ったバイン・ミー・ティット (フランスパンを使ったベトナム風サンドイッチ: これについてば後ほど書きたい)にかじりつきながら、サイゴン川の流れと行き交う船を眺めていた。おみやげや地図の売り子に声をかけられるのを無視し、ぼんやりと眺めていた。対岸に渡る渡し船や、何かを運ぶ荷物船が行き来していた。

サイゴン川を岸辺から眺める

ふと、対岸には木々の広がりがあって、高層ビルなどの建造物が全然見えないことに気付いた。「向こう岸は未開拓な感じなのかな?」と気になり始めた。もっと向こう岸がどうなっているのかを見るにはどうすれば考えていると、この辺りにはいくつかの立派なホテルがあるから、高層階にきっとバーやカフェがあるのでは?と思い付いた。

調べてみると、すぐそばのマジェスティックホテルの最上階にバーがあることがわかった。早速、多くの車が行き交う道を渡り、マジェスティックホテルに向かった。バーがあるのは新館で、旧館のエレベータでは行けないためちょっと戸惑ったが、無事に「エム・バー」に着いた。時間は午後4時半だったのでまだ誰もいなくて自由に席を選べる状態だったので、川がよく見えるテラス席の真ん中に陣取った。

Mバーからのサイゴン川の眺め

やはり、対岸には大きな街の広がりはないようである。ちょっとした建物はあるが、多くは緑の広がりである。自分のいるサイドが多くの近代的な建物があるのに対し、はっきりと景観が違う。川の向こう側はまだ本格的な開発が進んでいないようである。

MバーのカクテルMiss Saigon

カクテルMiss Saigonを飲みながら、ぼんやりと景色に見とれていた。

何か印象的な眺めであった。向こう岸の緑も段々となくなってしまうのだろうか? そんなことを考えつつ、カクテルの次にベトナミーズコーヒーも注文し、長居してしまった。川の方角ではなかったけど、夕陽がホーチミンの街の向こうに沈んでいった。とてもゆっくりと贅沢な時間が流れて行った。

Mバーのベトナミーズコーヒー
ベトナミーズコーヒー (カップの上で直接コーヒーが抽出される)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

hidebeaver

Author:hidebeaver
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。