スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルゴンキン州立公園でカヌーを漕いだ日々 (4) アウトドアな食事

カヌーでのキャンプツアーでの食事は当たり前であるがすべてアウトドアでいただく。夕食、朝食は宿泊したキャンプサイトで、昼食は通りすがりのキャンプサイトに上陸してとった。ツアーに出る前から「ガイドがクッキングしてくれる」という情報はあったので、それなりに温かいものは食べられるとは思っていたが、実際にいただけたもののバラエティさは期待以上だった。

[初日]
夕食: 野菜ハンバーグ

[2日目]
朝食: 焼きベーコンと焼きベーグル (ベーコンと一緒に焼くのでベーコンの油が染みている)
昼食: クラッカー中心の軽食
夕食: バジル風味パスタ

[3日目]
朝食: パンケーキ
昼食: クラッカー中心の軽食
夕食: 手作りピザ (生地から作った)
アルゴンキンで食べた手作りピザ

[4日目]
朝食: ブラウンケーキ
昼食: インスタントラーメン (サッポロ一番!)
夕食: カレーライス!
アルゴンキンで食べたカレーライス

[5日目]
朝食: 焼きベーコンと焼きベーグル
昼食: クラッカー類と味噌汁

調理器具としては、コンロ、鍋として使えるものが2台、フライパンが1台という必要最小限のものだったが、結構いろいろ作れるものだと感心した。インスタントものを適度に混ぜることはあったが、要所で手作りの要素が入っている。ピザの生地は粉からこねて作ったのは予想外だった。カレーライスは野菜を炒めるところから始め、ご飯は鍋で炊いた。カレーライスやサッポロ一番は日本人ゲストということを意識して混ぜてくれて、しかもそれがなんとなく日本の味が恋しい後半に持ってくるなど、心配られた演出であった。

もっと自分たちで手伝うのかなと思っていたが、ガイドが一人で非常に手際良くほとんどのことをやってくれた。唯一、ご飯の火加減とカレーの煮込み具合を質問されたのでアドバイスもどきをしたくらいだ (ご飯を鍋で炊かないので感に頼ったわけだが...)

あと、朝食では「パワー」をつけるために、コーンフレークにチョコレートチップと全粉乳を混ぜて食べるということをした。確かにパワーが付いた気がした。普段ではまずやらない食べ方だった。

このような食事の演出も今回のカヌーツアーを印象深いものにしたことは間違いない。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

アルゴンキン州立公園でカヌーを漕いだ日々 (3) キャンプサイトでの暮らし

アルゴンキン州立公園内にはカヌーで移動する人たち向けのキャンプサイトが点在している。定員は9人ということで、最大3艘でツアーするグループまで対応する目安だ。小島が丸ごとキャンプサイトになっている場所もあり、実際に我々もそのような場所で一泊したが、島を独り占めして静かな時を過ごすことができた。サイトの大きさもまちまちで場所によってはカヌーのメインルート沿いになっているような場所ではサイトが比較的密集し、少々騒がしい。良いサイトをうまく見つけることでキャンプの充実度が変わってくる。

ガイドはその辺の事情を熟知しているので、早目の移動を心掛け、夕方になる前に宿泊場所を決める。それでも先客がいる場合もあり、その場合は次のサイトまで漕いでいかなければならない。私たちのツアーは比較的余裕を持った日程が組まれていたので、先客で一杯で次々とサイトを移動するというようなことにはならなかった。ガイドは天候や風向きも考慮した上で、お薦めの場所をいくつか選定し、順番に訪ねて行く。なお、これは宿泊場所に限らず、ランチを取るための小休止もキャンプサイトで行う。キャンプサイトにはオレンジ色のサインが出ているので、これを目指してカヌーを漕いで行く。

アルゴンキンのキャンプサイトのサイン

キャンプサイトに到着して、カヌーから荷物を下ろすと、まず行うのがテントの設営である。私たち夫婦には二人用テントを使うことができた。簡単に組み立てができるようなうまい構造になっていて、2泊目からは自分たちで設営できるようになった。

アルゴンキンでのテント

テントを設営すると、夕食までの時間をのんびりと過ごす。キャンプサイト周辺を簡単に散策したり、湖に入って身体を洗ったりした。湖の水はちょっと浸かると「うひゃー」と言ってしまうような冷たさがあったが、身体を洗うととても気持ち良かった。

サマータイムで日が時間的に遅くまで出ているが、日が暮れると当然ながら真っ暗闇になってしまうので、夕食は明るいうち午後7時くらいには終える。食事の様子については別途書こうと思う。

午後8時過ぎには日が暮れる。夕陽が見えるキャンプサイトの場合は、夕陽が沈むのをじっと見ていた。特に小島のキャンプサイトでは湖の向こうに沈んでいく夕陽が拝めた。

アルゴンキンのキャンプサイトから見た夕陽

日が暮れるとライトなしでは何も見えなくなってしまうので、テントに入ってすばやく身支度をして、眠ることになる。テントは二人で寝袋に入って横になるとちょうど納まるような広さだった。寝袋は暖かく、予想以上に快適だった。時差ボケがあり小まめに目が覚めたこともあったものの、カヌーを長い時間漕いだ疲れもあり、比較的よく眠れた。

朝、目が覚めるととそこは自然の真っただ中。ひんやりとした空気が満ちている。ある意味とても贅沢な朝を迎えている実感があり、心からリラックスできるひとときであった。

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

アルゴンキン州立公園でカヌーを漕いだ日々 (2) カナディアンカヌーとポルテージ

アルゴンキン州立公園のカヌーキャンプツアーに参加した。我々のツアーでは、夫婦二人にガイドが一人付いてくれた。三人で一艘のカヌーを漕いでいく。ツアーは「インテリアツアー」と呼ばれるカヌーでないと行けないアルゴンキン州立公園の中でも奥地を巡っていくツアーである。湖や川の岸辺にキャンプ場が点在している。キャンプ場は宿泊はもちろんだが、ランチを取るのにも利用する。食事は当然ながら自炊で、宿泊ではテントを設営する。これらに必要なキャンプ用品と、少量の着替えや雨具を入れた荷物をカヌーに積んで、三人でタイミングを合わせて漕いで行く。カヌーはカナディアンカヌーと呼ばれるタイプのものである。3人乗れるものなので少し大きめのカヌーが我々には用意されていた。

カナディアンカヌー

8時半くらいに出発し、ランチをはさんで午後3時か4時くらいまで、いろんな景色やたまに現れる野生動物を眺めながら、ひたすら漕ぐ。主に上半身を使う運動になるので、それなりに腕が筋肉痛になったが、実は筋肉痛がすごかったのは下半身、特にふくらはぎであった。なぜかというと、カヌーを漕ぐ以上に体力を使う「ポルテージ」という移動があったからである。

カヌーツアーで川や湖を移動していくが、湖と湖の間や、川底が浅かったり岩が多かったり、堰やダムがありカヌーで移動できない場所がある。こうした場所では陸上の歩道を移動する必要がある。この時、カヌーやカヌーに積んである荷物を担いで行かなければならない。こうした移動をポルテージと呼ぶ。カヌーは写真のように頭上に担ぐ。

ポルテージでカヌーを担ぐガイドさん

慣れればバランスに気を付ければ運べる (実際、女性が運んでいるのも見かけた)が、初心者の我々にはとうてい無理なので、ガイドが運んでくれた。我々二人で分担してキャンプ用品や着替えの入った大きな荷物を担いだ。これが十数キロ以上あり、なかなかに重いのだ。距離は500メートルくらいのところが多かったが、最長では2320メートルとうのもあった。このくらい長いと一気に歩くことはできなくて、途中で休憩を挟んで歩いた。

この時の一歩一歩を懸命に踏ん張らないとならないし、最初に荷物を抱え上げる時、ガイドにしょわせてもらうものの、かなり踏ん張らないと持ち上げられない。自分で休憩をした場合は地面に置いた荷物をしょってから立ち上がるのに、気合いと力が必要であった。そして、ふくらはぎはバリバリの筋肉痛になった。これまでの人生でも1,2を争うくらいの強力なものだった。ポルテージは1日1回の日もあれば、4回の日もあった。だんだん、慣れてきたが、2320メートルを移動している時は、泣きそうになった。

ポルテージの移動距離を示すサイン (2300メートル!)


カヌーを漕ぎながら見た景色、キャンプ場での生活も印象深かったが、ポルテージの苦行は今思えば、このツアーの思い出をより強くしている。こういう苦労があるので、このようなツアーに挑戦する人の数は限られるため、奥に入っていくほど人の数が減っていき、雄大な景色を一人じめ (実際は3人だが)、聞こえるのはわずかな鳥の声と、パドルが水をかく音のみという贅沢な空間を味わうことができた。


テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

アルゴンキン州立公園でカヌーを漕いだ日々 (1) きっかけ

カナダのアルゴンキン州立公園のカヌーキャンプツアーに参加した。アルゴンキン州立公園はトロントから車で3時間のところにある。湖沼、河川が数多くあり、野生動物も豊富な風光明媚なところである。代表的なアクティビティがカヌーであり、とてもカナダらしい休暇を過ごせる場所である。

といっても、私がカヌーを日頃から趣味にしていたわけではなく、キャンプもほとんどせずに暮らしている。それなのに、どうしてわざわざカナダまで行ってカヌーキャンプをする決心をしたのかから書いておこう。

目当てはカナダに生息するカワウソ、ビーバー、ムースを見ることだった。徐々に書いていくことになると思うが、私の家族はこれらの動物が好きである。特にカワウソの人気が高く、カナダのロッキーマウンテン、スコットランド、ブラジルを次々と訪れている。カワウソやビーバーがいそうな場所を調べてみると、どうもオンタリオ州に多いらしい。さらに調べていて、アルゴンキン州立公園の存在を知った。旅行者の日記などを見ていると、確かにカワウソやビーバーを見たとか、実際に写真に撮ったものがそれなりにあった。さらにこの地ではカヌーツアーの人気が高いとのこと。カヌーならかなり自然の地に入っていけるだろうし、カワウソやビーバーが暮らしていそうな場所に行けそうだ。陸地から観察するよりも、水の上から観測する方が遭遇しやすいのに違いないと考えた。ただ、カヌーの経験はないため、個人で行くのは無謀であるから、ツアーで行くのが良いということとなった。

結果から言うと、動物は期待が大きすぎたこともあって、思いの外、遭遇した数が少なかった。カワウソには結局会えなかった。相手は野生動物なのでこれは仕方のない結果であった。

しかし、本来の目的からは今一つだったが、それを上回る感動は得ることができた。アルゴンキンの風景、カヌーそのものの魅力、キャンプでのテント暮らし、ガイドと過ごすうちに考えさせられたこと、これらは全て心に残る経験だった。カヌーでの移動には「ポルテージ」と呼ばれる苦行も伴ったのだが、それも思い出深い体験となった。

次回以降は、これらのアルゴンキン州立公園での経験を書いていきたい。

アルゴンキン州立公園で湖を見渡す

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

天草旅行メモ(5) 旅程のまとめ

今回の天草旅行は2009年のいわゆるシルバーウィークの9/19(土)~22(火)に行ったものだ。全体の旅行日程と、その他の細かな出来事をメモしておこう。

[1日目: 9/19(土)]
自宅→羽田空港→熊本空港→レンタカーで九州自動車道経由松橋IC→天草五橋
昼食 いけす料理 ふくずみにて特製生うに丼

ふくずみの特製生うに丼

高舞登山展望台→今泉地区 次郎丸岳市営無料駐車場→次郎丸岳→松島
宿泊 松島温泉

[2日目: 9/20(日)]
松島温泉→鬼池港 イルカウォッチング→富浦城
昼食 いそなみ食堂にて天草ちゃんぽん

富浦→ロザリオ館→大江天主堂→崎津天主堂→下田温泉
宿泊 下田温泉

海に沈む夕陽がとてもきれいだった。

下田温泉近くの海に沈む夕陽

[3日目: 9/21(月)]
五足の靴文学遊歩道→下田温泉足湯→本渡
昼食 寿司

本渡→タコ街道→道の駅有明 リップルランド
大きなたこ焼き、デコポンソフト
巨大なタコのモニュメント (記念撮影用カメラ台がある): 腕にまかれている写真

天草上島内渋滞→松橋IC→植木IC→菊池市内
宿泊 菊池温泉

[4日目: 9/22(火)]
菊池市内→菊池渓谷

菊池渓谷の四十三万滝

菊池渓谷→菊池市内→熊本市内
昼食 会楽園の太平燕 (40分くらい待った)

会楽園の太平燕

熊本市内 園田屋の朝鮮飴をおみやげに

熊本市内→熊本空港→羽田空港→自宅

テーマ : 九州の旅
ジャンル : 旅行

天草旅行メモ (4) 詩人も健脚だったのだと「五足の靴文学遊歩道」にて思う

下田温泉の近くにある「五足の靴文学遊歩道」というちょっとしたハイキングコースを歩いた。与謝野鉄幹、北原白秋ら五人の詩人が大江天主堂の司祭ガルニエ神父を訪れる時にたどった道の一部が整備され遊歩道になっている。片道約3kmが約2時間ということだったのだが、実際は途中で景色を見たり休憩しながらでも1時間20分程度で歩けたので、結局往復してみた。若干急な坂道もあったが、全般的によく整備されていたので歩きやすかった。途中に展望所がいくつか用意されていて、青い海が見えた。遊歩道の途中は村落の中の舗装道路を歩く部分や畑の裏を抜けていく部分もあり、それはそれで楽しめた。

五人の詩人たちはこの道も含めて、一日で30km (富浦港から大江天主堂)を踏破したらしい。しかも、夏の盛に革靴を履いてということだ。革靴を履くのがそもそも珍しく、そこから五足の靴という旅行記の題名がとられたそうだ。ハイキングだと思って歩くなら歩きやすい道だが、30kmの行程の一部にこれが入っているとすると、なかなかに険しい。昔の人は詩人でも誰でも健脚だったのだなぁと感じた。遊歩道の前半部分には五人の歌碑が作られていたりして、それも楽しめた。

五足の靴文学遊歩道の歌碑

歩いた後は下田温泉の無料の足湯に浸かり、疲れを癒した。とても気持ち良かった。

下田温泉足湯


テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

天草旅行メモ (3) 人々の生活に溶け込む天主堂

天草というと綿々と続くキリシタン文化、そしてそれを見続けている教会 (天主堂)のたたずまいを思い浮かべる人も多いだろう。天草四郎の史実とともに日本史の教科書で学んだ記憶もあるかもしれない。実際、天草下島の観光のハイライトの一つとして、キリシタン文化の史跡巡りがある。史跡と言っても天主堂は現役の教会であり、地元の方々の暮らしの一部となっている。

大江天主堂は大江地区の丘の上に立つ白い教会である。丘に登る前に天草ロザリオ館があり、天草のキリシタンの歴史を学ぶことができる。禁教時代の隠れキリシタンの暮らしの様子の再現資料や、遺物の展示が行われている。ロザリオ館から大江天主堂まで徒歩15分弱の登りである。車でも登れるので多くの人はそうしているようだったが、遊歩道も木漏れ日の中、セミの鳴き声を聞きながら歩くのも心地よかった。天主堂の前には結構の人があり、人気の観光スポットとなっていることがうかがえた。もうちょっと落ち着いた雰囲気だとよかったが、連休中なので仕方ないところだろう。見下ろすと畑などが見える里山の風景である。このような風景の中に教会が溶け込んでいる様子は日本では珍しく、ヨーロッパの田舎町の教会を思い出させる。このような山里に地道に布教活動がなされ、人々の信仰があったというのに思いをはせた。

大江天主堂 大江天主堂からの眺め

崎津天主堂は崎津漁港に寄り添って立つ灰色のゴシック式の建物である。中に入ると畳が敷かれているのが特徴的だ。町の中にあり、漁港で船から上がった後に、ふらりと寄れるような距離感の場所にある。教会が生活に溶け込んでいることが想像できる。海を隔てて天主堂を眺めることができるのだが、いかにも日本の小さな漁港の風景に教会が何気に立っている様子がとても独特の景色を作っている。とても絵画的で印象に残る景観だった。

崎津天主堂を海越しに臨む

テーマ : 九州の旅
ジャンル : 旅行

天草旅行メモ (2) いそなみ食堂のちゃんぽん

天草は熊本県に所属するが、天草灘の向こうは長崎県であり、長崎の文化の影響を受けているものが多いという。島原の乱も天草灘を含む長崎県側と天草側を合わせた地域を舞台にしている。食文化も同様で、「ちゃんぽん」と言えば、長崎ちゃんぽんをイメージするが、天草にも「ちゃんぽん」が広く普及しており、「天草ちゃんぽん」と呼ばれている。

天草に来たなら食してみたいものがいくつかあった。ムラサキアカウニ、タコ、タイなどの海鮮もの、そして天草ちゃんぽんであった。東京にもリンガーハットを含むちゃんぽん屋があり、ちゃんぽんは好物の一つであるが、その天草版は長崎版とどう違うのかに大変興味があった。

インターネットを物色してみると、「明月」という店が創業100年以上、出前だけで売り切れてしまうこともあるので「幻の味」ということでもあり、味の評価も高かったので第一候補とした。でも、なにしろ「幻の味」であるので、ありつけない可能性もあるので、第2候補を「いそなみ食堂」とした。いずれも天草下島の富岡地区で、その日の午前中にイルカウォッチングをの場所に比較的近く、適当な場所にあった。

「明月」は富岡港のそばにあるということで行ってみた。駐車場はすぐに見つかったのだが、店がなかなか見つからなかった。周りは民家ばかりである。人もほとんど歩いていない。結構周辺をうろついた挙句ようやくたどり着いたが、情報通りに「只今、出前のみの営業」という札が下がっていた。

いさぎよくあきらめて、「いそなみ食堂」に向かう。漁港のそばの小さな店である。ここを目指していかないと通りすがりにフラリと入るのは難しそうな佇まいである。中に入ると座敷に2つテーブルがあり、そこがいっぱいだったのでカウンターに座った。おばさんに「時間大丈夫ですよね?」と言われたので時間をかかることを覚悟した。特に急いでいるわけではなかったので、のんびり待つことにした。ちゃんぽんはどちらかというとサイドメニューで、定食類がメインのようだった。みんな刺身定食を頼んでいる感じである。見ると、たっぷりの白身魚の刺身がついていて、これはこれでおいしそうだった。テレビでNHKのど自慢を相当久しぶりに見た。各出場者の合格不合格や、チャンピオンを予想しながら見ると結構楽しめた。かれこれ40分待っただろうか。ゆっくり時間が過ぎた。途中で入ってきた地元のおじさんたちの話し声が聞こえたが、独特の言葉を使うので意味はわからなかったが、一仕事終えたあとという感じで、何か楽しそうだった。

ちゃんぽんが運ばれてきた。

いそなみ食堂の天草ちゃんぽん


野菜がたくさんのっている。とんこつ系とは違い、チキン出しに醤油が優しく利いているスープであり、さっぱりとした味わいである。野菜がしゃきしゃきし、その風味がスープに合わさり甘味を感じる。これはどんどん箸が進む。とてもおいしく、待ったかいがあったものだ。

最後にご主人が出てきて、待たしてしまったことを謝られたが、特にこちらはのんびりできたので大丈夫だということを伝え、店を後にした。自分たち以外は地元の人のようだったので、旅情満点のランチを堪能できた。天草では「ちゃんぽん街道」と銘打って、数多くあるちゃんぽんを食べられる店でスタンプラリーのようなものをやっているようだった (今年もやっているかは未確認)。他の店も試したいところだったが、いずか天草を再訪した時の楽しみにとっておこうと思った。


テーマ : グルメ♪食の記録
ジャンル : 旅行

天草旅行メモ (1) 次郎丸岳

天草上島の次郎丸岳に登った。

標高397メートルとそれほど高くないし、実際1時間足らずで登れてしまったのだが、とても眺めがよかった。島ではよくこのような場所がある。少し登っただけでかなりの眺望が得られる。得した気分だ。九州百名山の一つに指定されているのだそうだ。

今泉地区にある、市営の無料駐車場にたどり付き、そこから集落を抜けて、登山道に入っていく。登りに差し掛かる手前で下山してきたご夫婦に会った。「これから行くの?」と聞かれた。確かに15:00を回っていたので遅めの時間ではあった。奥さんの方は猫を抱いていた。猫を抱きかかえながら登れるのならそれほど大したことはないのかな?とこの時点では思った。実際は結構急峻なところもあり (「いなずま返し」と名付けられたつづら折りもあった)、細いロープが渡されているほどだったので、猫を抱えながらはつらかったのではないかと後で思った。猫をランドセルのようにしょったのか、えりまきのように首に巻いたのか、登山中にそんなことを考えた。木々の中を歩いて行くと森の香りが心地よい。東京ではすっかりいなくなってしまったセミがここでは声高らかに鳴いている。ここが九州であることを実感した。

天草次郎丸岳頂上からの展望


頂上に1時間足らずで到着。360度の眺望があり、松島方面の海が良く見えた。晴れていたので非常に気分が良かった。風が結構強いことは、猫のご夫妻からも聞いていたが、確かに強くて、立ったままだと吹き飛ばされないかと不安になるくらいだ。でも、景色を眺めていると時間が立つのを忘れる。他に人もいなかったので、穴場感も高く、とても満足であった。

もともとはダイエットの延長線上で、旅行中に何かとたらふく食べてしまっても安心なように体を動かそうという意図で歩いてみようと思ったのだが、得をした気分だった。

ところで、次郎丸岳の存在については天草の観光ページで知ったのだが、実際に登る価値があるのかは判断できるほどの情報が残念ながら得られなかった。他を検索してみると、「天草の山々」というすばらしいページがあった。
http://www7.ocn.ne.jp/~yamasan/yama.html
「天草の山々」の筆者の方、大変参考になり、よい経験をさせてもらいました。ありがとうございました。

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

プロフィール

hidebeaver

Author:hidebeaver
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。