スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の道東でガイドしてもらう旅(6) 45分後に上がってくるよ (羅臼沖)

「いいか、見てろよ! シッポ出すぞぉ!」

ガイドのおじさんが前方を指差しながら叫んだ。突然速度を上げてその地点を目指していた船の前方に黒っぽい大きな物体が浮き上がってきた。その瞬間を見逃すまいと、みんなの視線がその物体へと集中する。ゆっくりと物体が沈み込もうという動きを見せた後、ずおーんと大海原からきれいな黒い尾ひれが現れた。「あー」「おー」「おっきい」「すげー」と、あちこちから歓声が上がった。そして、もっと見ていたいというこちらの思惑を気にすることもなく、尾ひれはすっと垂直に沈んでいった。

北海道旅行2010のマッコウクジラ1 北海道旅行2010のマッコウクジラ2 北海道旅行2010のマッコウクジラ3 北海道旅行2010のマッコウクジラ4 北海道旅行2010のマッコウクジラ5 北海道旅行2010のマッコウクジラ6

船上の緊張感が次第にゆるんでいく。

「みんな見たろ! よかったな! よし、次は45分くらいしたら上がってくるから。」

おじさんはちょっと自慢げにみんなの笑顔を確認した後に、冷静に次の予定を告げた。えーと、45分待つのかな?このまま。誰もがおじさんの言ったことが腑に落ちない様子だったが、これが自然相手の話だと悟った後は、思い思いに次にマッコークジラが浮上するのを待つ体勢に入った。

羅臼港を出向したホエールウォッチング船の上にいた。2005年に知床が世界遺産に登録された時の選定基準の一つに「海洋生態系と陸上生態系の相互作用を示す顕著な例」というものがあった。知床半島にヒグマやエゾシカが数多く生息しているのは広く知られているが、その近海にクジラなど海洋哺乳類も多く暮らしていることは知られていないようだ。自分も以前の知床訪問で海の豊かさに触れたのは、羅臼港に上がる美味な魚介類をいただいた時のみであり、そこで暮らす海洋哺乳類を観察する機会は持てなかった。今回の旅行では、世界遺産登録で注目されたこともあり、ぜひとも海に暮らす哺乳類たちと出会いたいと、ホエールウォッチング船への乗船を決めた。

前日までに宿泊した「羅臼の宿 まるみ」の運営するアリラン3世号は朝9時に多くの観光客を乗せて出向した。宿のオーナー自らがガイドを務めてくれる。国後島がずいぶんと近くに見える羅臼沖を生物を探しながら進んでいくが、この広い海域でそう簡単に生物に遭遇するわけはなかった。30分ほどして船が急に旋回し出したと思うと、数頭のイシイルカの群れに出会うことができた。イルカも全速力で泳いでいるので船もなかなかのスピードを出しながらでの観察となった。以前、天草のイルカちゃんたちはこちらに姿を見せてくれているかのように近くを比較的ゆっくり泳いでくれたのに比べて、非常に野性味あふれるイルカちゃんだった。

北海道旅行2010のイシイルカ

それから、またゆったりとした時間が40分近く流れていった。とても天気が良く贅沢な時間であったが、やはり野生動物と出会うのは難しいもんだと、なんとなくあきらめ気分が蔓延しつつあった。すると、突然船がスピードを上げ、迷うことなく一直線にある方向を目指した。

「潮吹いているだろ! 見えるか? ぶわっと吹いてるだろ?」

マッコークジラと出会えたのだ。でも、出会いの時間は1分となかったと思う。

船はエンジンを止め、ゆらりゆらりと漂うにまかせることとなった。クジラは45分間潜水することができるので、次に息継ぎをするのに浮上してくる時にその姿を拝むことができるのだ。気を長ーくして、時の流れを味わうことになった。

そして、45分以上が経過した。船がおもむろに動き始めた。おじさんは「間に合うかな?」と一言。随分と遠くにクジラが浮上したらしい。肉眼では全く確認できなかった。結局、クジラが潜るまでにその姿を見ることはできなかった。そのまま船は羅臼港へと戻っていった。そんな3時間余りのホエールウォッチングツアーだった。

この大海原でイルカやクジラに遭遇するのはガイドなしでは偶然に任せる以外にはないので、ガイドのありがたさを実感できた。クジラの大きさは素直に感動ものであった。頭ではその存在を理解していたが、目の前で直接その大きな体を見た時の感動は相当なものだった。大きな自然のふところの深さを感じることができた。そして、いつまでも、ここがこんな海であって欲しいと思った。

2010年夏の北海道の旅では、様々な出会いを楽しむことができた。ガイドの皆さんにいろいろ案内してもらった。自分たちだけで旅するのも気ままでよかったが、見落としていたものが多かったのだと実感した。今回の旅行も強く思い出に残ると思うが、この思い出はガイドの皆さんとともにあるだろう。ガイドは思い出を演出する仕事である。絶対的な自然の価値を見落とさないようにヒントをくれる仕事である。
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

夏の道東でガイドしてもらう旅(5) 行き止まりの先を行く (相泊海岸)

昼食にハモ丼 (油がのっていてうまい!)をいただいた後の午後一は、知床の原生林を案内してもらった。熊の湯のある辺りから、熊越の滝 (くまごえのたき)まで、原生林の中を行く遊歩道になっている。小川から温泉が湧き出ていたりして知床らしさを感じられる場所だった。途中の泉にはオショロコマの魚影も見えた。この泉には白樺が湖底から生えているという変わった風景があった。泉から流れ出す川の途中がダムで堰き止められたため、水位が上がったということだった。やがて枯れてしまうだろうから、このような不思議な風景が見られるのは今だけなのだろう。

北海道旅行2010の熊越の滝のそばの池 北海道旅行2010の熊越の滝

熊越の滝に着くと、気温がサッと下がった気がした。とても心地よい場所だ。なにやら、親子の熊がこの滝のそばまで猟師に追い詰められた時、子熊を下から押し上げ逃がそうとしたため、それを見た猟師は熊を逃がしたという言い伝えがあるようだ。実際は滝の高さは結構あって熊が立ち上がっても子熊を押し上げられないだろうと思ったが、熊とともに暮らしている地域であるという感じが出ていて味わい深い。立派な滝なので、ウトロ側のいくつかある滝のようにもっと人が訪れてもよい気がしたが、羅臼側はそれほど観光に熱心ではないからこんなものだという解説をされた。お盆でこの静けさを味わえるとはとてもありがたいことだった。

車で30分ほど移動して相泊に着いた。道は行き止まりである。この先は昆布猟師さんたちが夏の間だけ住む番屋だけがあるとのことだった。丸い石だらけの海岸を歩いていくと、向こうから郵便屋さんの車が走ってきた。ちょっと先で車を止めて、後は歩いて郵便配達をするそうだ。「最果ての郵便屋さん」ということでテレビにも出演されたとのこと。ご苦労様です。

北海道旅行2010の相泊

やがて、昆布漁師さんが番屋の前で昆布干しをしているところに出くわした。「お邪魔します」という感じで前を通らせてもらった。正確には「しめり」という工程で、一度天日に干した昆布を柔らかくするために、海風を当てて湿り気を与えているということだった。確かに置かれている昆布は既に乾燥された状態だった。その時、聞いた意外な話としては、養殖の昆布の方が柔らかくて食べやすいという話だった。天然の昆布は、厳しい自然の中で丈夫に育ち硬くなってしまうので、出汁を採るのにはよいが、直接食べるのには適さないそうだ。こうした地元トークを聞くのはとても楽しい。実際に目の前に昆布が一面に干されている様子を見ながら聞くと、ちょっとだけ地元に溶け込めたようでうれしい。

北海道旅行2010の昆布干し

やがて、河口についた。ここが海岸ウォークの終着点だ。お湯を沸かしてもらい、ちょっと甘めのホットミルクコーヒーをいただいた。この日は結構暖かかったが、甘みが思いの他おいしく感じた。すごくはじっこにきた感じを感じながら、近くに見える国後島をぼんやりと眺めた。この場所はサケがたくさん遡上してくるため、熊もたくさん出る場所なのだそうだ。そのサケを狙って、多くの釣り人が糸を垂らしていた。おばさんの竿にサケがかかったが、残念ながらバラしてしまっていた。

折り返して車に戻る途中、番屋の前を再び通らしてもらった。さっきよりも干されている昆布が多くなっていた。エゾシカも現れた。夕方が近づいてきたので、もっと出てきそうな気もする。

続いて、相泊温泉に入りに行った。ガイドの石田さんが管理人をしている温泉だ。もともとは番屋で働く漁師さんたちのためのものだから、夏の間だけ小屋が立つということだ。ほぼ、波打ち際にあるので、波が高いと水没するし、ちょっと天候が荒れた後は海草類が湯船を埋めてしまうらしい。石田さんの清掃が欠かせないということだ。簡単な脱衣所もあるが、ほぼ海岸で裸になる感覚だった。お湯に入ると、たっぷり歩いた後なのですこぶる気持ちがよかった。お湯は結構熱めだった。地元の人もいらっしゃり、昆布干しの完了時間予測などの情報交換をしていた。非常にローカル色が強く、石田さんに連れてきてもらわなかったら、ちょっと入りにくかったかもしれない。

北海道旅行2010の相泊温泉

羅臼市街へ戻る道では、エゾシカの群れが当たり前のようにいた。それを目当てに止まっている車もなく、普通の知床の光景が普通に現れていることを味わっていた。

とても満足度の高い一日だった。もともとすばらしい知床の自然で自分では気付かないこと、説明してもらって始めてその価値がわかること、そういったものにたくさん触れることができた。また、地元の人の暮らしにちょっとお邪魔もさせてもらうことができた。自分たちだけで見て回るのとは違う楽しみ方ができた。

羅臼湖に向けて歩いている間は、羅臼岳がとてもきれいに見えた。石田さんも薦めてくれたが、羅臼岳登山もいつかはやってみたいと思った。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

夏の道東でガイドしてもらう旅(4) 長靴で行くのだ (羅臼湖)

お盆の季節は知床の最盛期でとても混雑すると聞いていた。これまで何度か知床を訪れたが多くの宿のあるウトロを拠点にしていたが、混雑を避けて、羅臼を拠点にした。羅臼の自然ガイドツアー会社「知床倶楽部」の「夏の1日自然体験プログラム 相泊さいはてトレッキング」に参加した。午前中は羅臼湖へのトレッキング、昼食をはさみ、午後は原生林と相泊海岸をのショートウォークし、相泊温泉につかるというツアーである。

ガイドの石田さんに宿でピックアップしてもらい、知床倶楽部の事務所に行った。そこで長靴に履き替えて、羅臼湖登山道入り口に送迎してもらった。長靴で行くのが重要である。羅臼湖へのルートは湿原の中を進んでいく。木道があるところもあるが、そうでないところもあり、ところどころ水が溜まっている。長靴ならそこにじゃぶじゃぶと入って行けるが、通常のトレッキングシューズなどだと、浸かるのを避けて、道から外れて草むらに入ってしまう。これが自然を荒らすことにつながるのだ。ガイドに伴われて訪れる人は100%長靴着用なのだが、個人で入っている人が通常の靴で入っているのを見た。観察していると、やはり水たまりを避けて脇を歩いてしまっている。登山道の入り口に注意書きを書いてもいいのではと思った。

石田さんは羅臼から外れたところのかつて番屋だった家に在住とのこと。あとで触れる相泊温泉の管理人も任されていたり、羅臼を愛している様子がにじみ出ていて、素敵な人だ。足元が不安定な場所も多かったので、我々の足元をきめ細かく注意してくれた。知床の自然をいろいろ解説してくれた。

木の形でいくつか印象的だったものがある。一つは枝ぶりを通常のものとひっくり返したようになっているハイマツの木。冬に雪深くなってしまうのでこのような形になってしまうそうだ。それから、少しひねったように生えているダケカンバの木。背は低いが樹齢は推定300年ということだ。風が強くて高く成長ができないとのこと。これらの木が知床の自然の厳しさを語りかけてくる。

北海道旅行2010の羅臼湖(三湖)

お天気に恵まれたので、次々に現れる湖面がとても美しかった。その湖面を滑走するルリイトトンボとルリボシヤンマの青く光った体が映える。「三の沼」に移る羅臼岳 (知床富士)の逆さ富士は、いつまでも眺めていたい心が洗われる光景だった。そんな次々と現れる美しくも自然のたくましさを感じる風景をゆっくり楽しみながら、2時間弱で羅臼湖に到着した。

北海道旅行2010の羅臼湖

羅臼発だと早い時間に羅臼湖に入れるので、私たちのグループが羅臼湖一番乗りだった。実際に、帰りにすれ違うグループがかなりいた。ウトロ発の人たちなのだろう。しかも、10数人のグループもあったように大所帯であった。我々のグループは我々夫婦とひとり旅の男性の合計3名だった。やはり、羅臼を拠点にして正解だったと思った。

このトレッキングのコースは世界遺産の核心地域の中にあるのだそうだ。屋久島も白神山地は核心地域はこれほど気軽に入ってこられない場所になっているのだが、ここは比較的普通に訪れることができる貴重な場所である。だからこそ、訪れる人もこの美しくもはかない自然を壊さないように気をつけたいものだ。

というように、ここで書いている情報のほとんどが、ガイドの石田さんの説明によるものだ。もちろん、書籍やネットで情報は得てから訪れたのだが、光景や動植物を見ながら直接ガイドにその場で説明してもらうと感じるものが全然違って記憶に残る。ガイドの役目の重要さをあらためて認識させられた。

羅臼湖を後にして知床倶楽部の事務所に戻った。
昼食後、午後の出来事については、次回の記事に書いていく。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

夏の道東でガイドしてもらう旅(3) 逆風に負けずにカヌーを漕ぐ (霧多布湿原)

霧多布のペンションポーチに泊まるのは3年連続となる。昨年と一昨年はゴールデンウィークにお世話になったので、夏に訪れるのは今回が初めてだ。花がたっぷりと咲いているわけではなかったが、一面緑で、ゴールデンウィークの時の「薄茶色」の印象とは違う。ポーチのオーナーである瓜田さんのガイドで湿原カヌーツアーに行った。

カヌーと言えば、去年、カナダでたっぷり漕いできたが、それ以来約1年ぶりになる。あの時よりちょっと小ぶりのカナディアンカヌーだ。我々夫婦の他に、4人家族が一緒に参加した。我々二人と瓜田さんが同じカヌーに乗り、家族の4人が別のカヌーに乗ることになった。

まずは車で漁港まで移動して、海から河口に入り、湿原センターの近くまで川をさかのぼっていくルートだ。1年ぶりとはいえ、漕ぎだしてみるとカナダの時の感覚が蘇ってきて、カナダの様々な場面が思い出された。と、感慨にふけっているのもつかの間、これは結構頑張らないといけないと思い始めた。なかなか進まないのである。流れに逆らう形になるせいもあるが、上流からの風が曲者だった。さらに、4人家族のカヌーを牽引する必要があった。4人家族は、カヌー経験はなかったため、思うように進まない。だから、我々のカヌーに4人家族のカヌーを紐でくくりつけてはぐれないようにしていたのだ。最初、瓜田さんは「それほど頑張らなくていいからリラックスして行きましょう」と言ってくれていたのだが、実際はそうはいかなかった。逆風が斜めに吹いているため、どんどん川の右岸に引き寄せられていくのだ。とにかく懸命に左側に進むように漕いだのだが、遂に着岸してしまった。仕方ないので、バックするように漕いで、なんとか目的方向に修正できた。途中、タンチョウも居て、青空や湿原の緑が広がり、自然の真ん中にいる事実を多少は幸せに感じられたのだが、漕ぐのに結構必死になってしまった。

修正できた後は、カヌーを一艘ずつに分離し、風に流されることもなくなったので、本来ののんびりツアーになった。とても静かである。自分たちのカヌーの水を切る音とパドリングの音以外は、自然の音のみである。風や小鳥の声がかすかに耳をかすめる。あらためて空と緑の湿原の広がりを川からの目線で見ると、「自然の中」という言葉そのものだった。カヌーからの視線は本当に独特で、川面にとても近い位置から草原を見上げる形になり、自然への没入感が高いのだ。

北海道旅行2010の霧多布カヌー1

瓜田さんの説明では、川岸は泥炭になっているとのことだった。触ってみるとふわふわしてなんとも言えない感覚だった。上に乗るとずぼっと沈むんだろうなあと、数年前に訪れたスコットランドの湿地を思い出した。

ずっと漕いでいたい気持ちにはなったが、最後に細い水路に入って、カヌーがピックアップされる地点に到着した。

北海道旅行2010の霧多布カヌー2

久しぶりのパドルだったが、あの自分の力でゆっくり水面を進んでいく感覚をまた味わうことができた。川面から見上げるという独特の視線も久しぶりに楽しめた、これらの感覚や視線は、日常では全く味わえない感覚だ。とても楽しい。

今回も含め、カヌーについてはガイドに付いてもらっている。自力では、漕ぐこと自体は大丈夫だが、細かく方向を切り替えるような操作はもう少し修行が必要だし、リカバリ技術も未熟なため、まだ不安だ。ガイドの説明を聞いたり、パドリングの指示を受けながら、のんびり進んでいくのが今は良いと思う。

瓜田さん、なかなかいい運動になりましたが、漕ぎがいもあり、楽しかったです。ありがとうございました。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

夏の道東でガイドしてもらう旅(2) 雨の乗馬には早足が必要 (十勝・鹿追町)

鹿追町は帯広市内から小一時間の距離、十勝平野の真ん中にある酪農の町である。近年は観光にも力を入れているようで、滞在型の宿泊施設や地元産の食材を生かしたカフェをメディアで目にするようになった。そんな鹿追町の宿泊施設&カフェでも中心的存在「大草原の小さな家」のコテージに宿泊し、その隣にあるMY STABLEという乗馬クラブで乗馬トレッキングを楽しむこととした。

当日はあいにくの雨。今思えば「どしゃ降り」と表現できるような結構な降りであった。午前中は帯広空港から秘境十勝西海岸をドライブした後、鹿追に向かったのだが、途中からダークグリーンの空になったかと思ったら、ボルネオ島のスコールを思わせる降りとなった。乗馬クラブの方も心配して携帯に電話を入れて、決行するかを聞いてきてくれたが、スコール状態からは回復している様子だったので、予定通りお願いすることにした。

上下レインスーツの完全防備に加え、乗馬用ヘルメットを借りて、今日の相棒の「ジェリー」に騎乗。まずは屋内馬場で足慣らしをして、いざトレッキングコースへと出発した。我々夫婦二人に対して、前後にガイドがついてくれるという贅沢な布陣に少し恐縮しつつも、「動物に乗る」という単純に楽しい体験に心は躍っていた。ジェリーも雨の中でも特に気にすることもなく黙々と進んでいく(正確には道端の草にちょっかいを出すいわゆる「道草」もあったが)。乗馬専用のトレッキングコースが何本も整備していて、さすが十勝だなという感じだ。

ガイドはこちらの様子を気にしながら、歩いている位置や、目に入ってくる川や家のことを説明してくれる。「晴れていれば」見える景色も説明してくれるので、その見えるはずの大雪山系の山々をイメージしてみた。やはり景色が見えないということはガイドにとっては説明するネタが少なくなるため、なかなか大変である。雨ならではの景色としては、水かさの増えた迫力ある川の流れだろうか (注: 川からは十分に離れた安全な場所をトレッキングしている)。トレッキングしながらの話題としては、地元の農産物についてとか、馬の話とか、興味深いものが多いが、やはり「これで天気がよかったらなあ」と、どうしても思ってしまう。

身体が冷えてきたので、「では、ちょっと身体を温めるため、早足行きましょう!」ということで、前方の見通しのよい直線区間で馬の速度を上げる。馬の動きに合わせた姿勢で懸命に身体を動かす。予想よりも長めの距離だったので、身体が思いのほか温まった。なるほど、「ちょっと身体を温めるため」というのは正しいと思った。ただし、年に1、2回しか馬に乗らない身としては、落とされないようにと結構緊張してしまうので、回数を多くしたり、さらに長い距離にするのは難しい。でも、早足で風を切るような感覚と、うまく動きを馬に合わせられた時の馬との一体感とか、うまくできた時の快感も大きい。馬は運動量が上がって鼻息が荒くなるわけだが、そうやって頑張ってくれている姿を見ると、馬への感謝も込み上げてきた。

北海道旅行2010の鹿追乗馬

途中小降りになったタイミングもあったが、結局、2時間半余りの時間は雨に濡れていた。それでも、単純に乗馬自体が楽しいので、満足はできた。天気が良ければもっと満足できたのにという気持ちはどうしても残る。お客さんの立場だとどうしても雨だと残念な気分になってしまうのが正直なところだ。ガイド側の気持ちに立つと、雨の方がエネルギーを使うので、むしろ雨の方が割増料金をもらってもいいくらいでもあるわけだ。アウトドアのアクティビティはどうしても天候の善し悪しがお客さんの満足度につながってしまうんだなあとあらためて思った次第である。

いずれにしても、雨の中でも馬が好きなら乗馬は楽しいことがわかった。そんな我々に付き合ってくれたガイドの方に感謝である。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

hidebeaver

Author:hidebeaver
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。